Page: 1/15   >>
Surface pro2 壊れた → 交換品到着 → 環境再設定
 タイトル通りです。

Surface pro2 256G ですが、電源が入らなくなりました。

ホームページに出ている通りにいくつか修復を試みましたが、


ダメ!絶対!


な結果となり、元箱に入れてマイクロソフトに里帰り。



そのサポートに書かれていたのが、

「修理に出す前にバックアップをとってください」

の文字。

データ類はDropbox内でやってるし、SugarSyncでデスクトップのバックアップもしているが・・・

設定関係は構築したばかりなので何もしていない。まあそれが普通なのではと思いますが。

Skydive(なんか名前変わったと聞いたけどなんだったかな)で勝手にSurfaceに関してはシステム領域含めてバックアップ自動でやってくれてもいいんじゃ?と思うのですね。

これができればマイクロソフトのPCであるという不安要素も薄くなるので無いかとユーザーの1人としては思います。


で、本体のみを元箱に入れて着払いで送り返して1週間で戻って来ました。
新品で。(恐らく)

付属のOfficeも別のコードが付いていて再インストールが必要。

本体裏側に張ってあったリサイクルのシールも付いてきてました。



そんなこんなで環境を思い出しながら再設定。

プリンターだとか無線LAN関連とかVPNあたりの設定がまだ戻ってない。

まあぼちぼち進めますが。




フタを開けられないPCを触るのは久しぶりだったのでいろいろ油断していました。

特にノートでバッテリー抜きとかメモリー差し直しを試すのが定石だった経験からは一切フタを開けられないのは結構おっかないなと再認識。


今度の機械が丈夫な事を期待しております。


| 映画観る人 | 12:08 | - | trackbacks(0) | pookmark |

surface pro2 256Gモデル購入
 しました。

Touchカバー2も。


VGA接続のケーブルが入荷未定だったので、Appleのものを購入。(全く問題なし)

USB接続のキーボードが誤認識されて困ってましたが、ドライバーの更新で解決。

下の場所。


製造元としてMicrosoftを選んで、Microsoft Basic Keyboard(106/109)を選択するのがミソ。

自分はFILCO好きなので心が痛むがしょうがない。

最初は別に認識させていたブルートゥースキーボードも同じ名前でリストアップされていたので間違えてそちらを変更してしまった。

上の内容で変わらない方はソコの所も再チェックを。


Hyper-V上でWindows7を使って、古いソフトを動かすのに設定していたが(32bitの接続が必要な物があってね)、標準のODBCの設定でなんとかなってしまった。

64bitのWindows8上でODBCに32bitの接続設定ができるとは思わなかった。

Windows7ではこの問題のためにPRO版のXPモードを使用して、その上で接続設定なんてことやってたけど、Windows7でもいけたのかなぁ???


処理スピードやバッテリーのもちなどは自分の使っている状態では問題なし。

Windows8.1のデスクトップの使いづらさもBack to XPを入れた事で全く違和感なくなった。
これはオススメかも。
| 映画観る人 | 18:37 | - | trackbacks(0) | pookmark |

夢ぷりんとでなんでも印刷
夢ぷりんとは各種カードや名刺、年賀状を作成できるソフトです。

 

馴染みのあるものでいうと、ダイレクトメールの宛名を住所録から読み込んで、予め設定した差し込み場所に入れ込んで印刷することでしょうか。

差し込み印字でなく、絵を書いたり、文字を貼り付けた印字面を印刷するシートに合わせて拡大縮小して必要部数刷ることができます。

自動ナンバリングの機能を使って整理券や写真を取り込んでシールプリントを作ることも、モチロン簡単。

市販の用紙はメーカー名や型番を入れることで、レイアウトは勝手に変更されるので、出来上がりのイメージを思い浮かべながら作業することができます。

もし、印刷する用紙が登録されていなくてもスケールでラベルサイズやラベル同士の間のスペースを計って登録することで、次からはユーザー登録用紙として用紙一覧に加えることが出来ます。

コンサートの入場券など、金券として使う場合は偽造できにくくする為にも専用の用紙が必要でしょうね。

そういったものでも、パッケージに書いてあるサイズや実測で夢ぷりんと用に作成できます。


季節のクリップや記号など、よく使う物は素材として入っていますし、自分で絵や文字をレイアウトすることももちろん簡単にできます。

お子さんのお名前シールなど、いくらでも思いつきますよね。



私が使う用途は正札(商札やプライス)がメインです。

配置するパーツなどは他のソフトで作成して画像として取り込んだり、商品ごとに参考写真を指定してはめ込んだりといったことをしています。

差し込むデータはエクセルから直接取り込んだり出来ますので、大抵の環境で使用できると思います。

今度、さらに細かい使い勝手についてレポートしたいと思います。








たぶん続く・・・




| 映画観る人 | 22:23 | - | trackbacks(0) | pookmark |




Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Profile

パーツ

Created by Webpac

お天気

counter

Search

Entry

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode
fx